未分類」カテゴリーアーカイブ

旅行がやめられません

先日、大分の温泉旅館に宿泊して九州旅行を満喫しました♪

先月は夫と夏休みの長期休暇を利用してバリ島へ観光旅行に行くことにしました。
バリ島は二人とも初めてで言葉など何もわからなかったので、現地の人にガイドしてもらいながら車で移動できるオプショナルツアーを付けました。

私は寺院などの建物を観光するのが好きだったのでバリ島の観光名所である「タマンアユン寺院」に行く計画をしました。ガイドさんに寺院に連れて行ってもらい、寺院を案内してもらいました。
日本にはない形の建物で感動していると、現地の小学生の子供たちが近づいてきました。私たちは何のことだかわからなかったのでガイドさんに通訳してもらうと、どうやら子供たちは野外学習をしており、観光客のデータを集めていて国籍などを調べているとの事でした。協力してくれないかと言われ、私たちは快く承諾し、子供たちが持っているノートに名前と国籍を書いてあげました。
一人終わったかと思うと、子供たちは集団であったため次々とノートを手渡してきました。5人分のノートに書くと全員で集合写真を撮りました。
この写真はバリ島の人と触れ合ったという感じがしてとても良い写真になりました。

しかしここからが地獄でした。子供たちはこの5人だけではなかったのです。タマンアユン寺院のいたるところに子供たちが出没していて、子供たちに会うたびに、サインを求められました。しかし、ここで断るのも失礼だと思い子供たちに求められるたびにサインを書きました。もう何回書いたのかわかりません。
最後の方はもうあきらめて自らノートを子供たちからもらって書いていました。移動しようとするたびに子供たちにつかまってしまうため、出口にもなかなかたどり着くことができませんでした。
最後の方はガイドさんが「もうきりがないから逃げよう」との事で走って出口に行きました。ほかにもたくさん観光客はいたのですが、やはり日本人の私たちは話しかけやすかったのでしょう。
今となっては現地の子供たちと触れ合うことなどそうそうないので良い経験をしたと思います。

日本ではありえない経験ですし、良い意味でのカルチャーショックでした。
これからも夫と休みを合わせて海外旅行に行きたいと思っています。日本にいては味わえない経験を残りの人生楽しみたいと思います。
そのためにも身体が第一。毎年きちんとレディースドックに行って自分の身体を知ることが大切です。