月別アーカイブ: 2018年5月

老眼にも優しい簡単な除毛方法は?

若い頃から毛深くて悩んでいましたが、年齢を重ねて毛が薄くなってきたのか、細くなってきたのか、少しずつその悩みが解消されるのかな、と感じ始めた頃、いやいや、やっぱりそんなことはない、と、最近また思い始めました。

健康のために運動をすることになり、腕はあまり気にならないのですが、脇の下と、足、特に膝下の毛深さが気になっています。運動は肩紐一本という服を選ぶときもあり、そうなると、腕を上げると、脇の下のムダ毛の処理をしていないと、大変恥ずかしい思いをします。

また、膝下の毛についても、靴下は最近はやりのスニーカーソックスを履いていますから、太い濃い毛が気になります。そのため、夏冬問わず、これらの毛の対策は必須になります。

いろいろとこれまで対策を試してみましたが、結局ずぼらで、かつ、時間のおしい主婦にとっては、お金があまりかからず、しかも、短い時間でできて、苦痛が少ないものとなると、毛ぞりが一番ということになります。

しかも、お風呂に入った時に、ちょちょっとできる方法で行うのが一番、ということになります。で、毎度のことながら、その方法でやりました。とはいえ、毛ぞりをしたあとのツンツンと毛が生えてくるのは、とても嫌な感じなので、お風呂に入るたびに、結構きにしてやっていて、で、自分では十分やっているつもりだったので、あまり行ったあとには確認をしていませんでした。

ところがある日、運動をしに出掛け、着替えたあと、ふと膝下に目をやると、長さ1㎝未満ではありましたが、ツンツンと毛が残っているわけです。全体的に残っているわけではなく、まばらにツンツンとあるわけです。数本ならば指で引き抜くことができますが、それほど少ないわけでもなく、また、まったく剃っていない状態でもない、という微妙な感じなわけです。

きっと、これまでもこんな感じだったのだろうと思いますが、この日はたまたま遠近両用メガネをかけていて、剃り残した毛が目に飛び込んできたわけです。びっくりしました。お風呂では当然眼鏡は外しているから、頼りになるのは、手の感覚ですけど、石鹸をつけて毛ぞりをしているから、結局のところ、手の感覚は当てにならなかった、ということに気づきました。

ずぼらで時間が惜しい、しかも、老眼の私にもできる優しい簡単、安価な除毛方法、ないですかね・・・。と思っていたところ、ミュゼプラチナムという脱毛サロンが安いと娘に聞きまして。

出雲市にはあまり脱毛サロンがないのですが(参考:脱毛出雲)、唯一大手の脱毛サロンであるミュゼプラチナムに行ってみようと思います。